Final Fantasy XIV

ウルダハの変後、各地を巡る

ウルダハの変後(新生エオルゼア編メインストーリークリア後)、各地のゆかりある方々を訪ねてみました。非公表とはいえ、相応の立場の者へは情報が伝わっているはずなので

※ 以下、ウルダハで何が起きたか、具体的には分からないようなセリフのみを掲載していますけども、新生エオルゼア編未クリアで、自身がプレイするまで一切知りたくないという方は、閲覧しないようにしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに掲載したのは一部です

クラスギルドのマスターたちは、どうも該当クラスのレベルをカンストしていると気遣ってくれるみたいですねー。中途で放り出しているクラスは、クラスクエストを終わらせていてもセリフは変化しませんでした(捨身目当てでレベル34まで上げただけの槍術士とか

 

各地を巡ってみて・・・・・・

 

 

今まで何気なく接していた彼らが、実はとても頼りになる存在であったこと

こんなにも大勢の人たちが、支え続けてくれていたんだと

 

 

そのことが分かり、すごく嬉しかったです

プレイヤーとしてもかなり凹む事態
色々なものを失って気づくことって、あるですね。坊ちゃまもそうでしたけど

 

希望の灯火は、まだ消えてはいなーい

執筆者

主に家庭用ゲーム機で楽しんでいるゲーム好き。 オンラインタイトルは、PSO2とバトオペ2をプレイ。オフゲーする事もアリ。 オンゲではマイキャラになりきって楽しむことを好む。 PSO2での衝撃的な出会いにより、男の娘(2次元限定)に魅力を感じるようになってしまう。

コメントを残す

テキストのコピーはできません。