オフラインタイトル

<Gジェネジェネ>ついに終止符が打たれました

Gジェネレーション ジェネシス

私はずっと難易度ノーマルでプレイしていたのですけど、 それでもラストステージはひと味違いました。
えぇ、少しプレイしてみて、「これは部隊強化と対策が必要!」 と、分かりました。
(早々に「ギブアップ」で撤退(笑

で、それ以来、 無料DLCの「ハロハロ!サイコ・ハロ捜索大作戦!」をプレイし続けて、 部隊の育成をしつつ、オプションパーツの購入費を稼いでいました。
もしかしたら他に良いステージがあるのかもですが、 私はこれが楽だと感じたので。

ラストステージに出撃する戦艦は一隻のみなので、 グループ1の戦艦・機体のみ、オプションを充実させました。

そして再挑戦・・・・・・
ついに、長かった戦いに終止符が打たれたのです。

では、スクショ画像と共に見ていこうと思います。
主に、編成画面の機体やパイロットの画像なので、 シナリオ面でのネタバレはありません(笑。

ラストステージで、ちゃんとチャレンジもこなしたところ、まさか、あの機体が登場するとは思っていませんでしたけど、 クリア後に作品のプロフィール見たら、一応、関連性あるんですねぇ。

攻略サイトは一切見ていません。 地道に開発や設計を行い、クエストなどもこなしていけば、 独力でも埋められるようになっています。
全機体の生産リスト登録は、 さすがにそこまでやっている時間がありません(苦笑。
ただ機体プロフィールの「アドバイス」は便利です。

では、編成について・・・・・・

グループ1は後回しにして、グループ2から。
グループ2は、原作キャラで固めた編成になっています。

以下、機体名や人物名のところに サムネイル画像を貼っておきます。

クリックすると大きく表示されます。

撮影時に三脚とか使ってないので、 ナナメってるものもありますけど、 そこはスルーでお願いしまーす。

戦 艦

ムサカ

艦 長

副 長

ミネバ・ラオ・ザビ

ナナイ・ミゲル

(ガンダムUC)

(逆襲のシャア)

通 信

操 舵

ユウキ・ナカサト

ベルトーチカ・イルマ

(Lost War Chronicles)

(Ζガンダム)

整 備

ゲスト

チェーン・アギ

ギギ・アンダルシア

(逆襲のシャア)

(閃光のハサウェイ)

グワジン系やサダラーンなどの大型艦は、 ステージマップによっては小回りが利かないために移動しにくいことがあったので、ムサカをチョイス。
武装も、対空砲・ミサイル・メガ粒子砲と揃っているので問題なし。

ベルトーチカは、アビリティ的には通信向きなんですけども、 操舵の能力もそこそこあったので、 無理やり操舵手になってもらいました(笑。

そもそも艦長が、かなり優秀デスネ

あとナナイは、能力・アビリティ的に、艦長や、 マスターユニット、リーダー機のパイロットなども務められそうです。 ニュータイプ能力もあり、とても優秀。

マスターユニット

パイロット

クィン・マンサ

ハマーン・カーン

(Ζガンダム)

TEAM 1

ガンダムバルバトスルプス

マシュマー・セロ

(ガンダムΖΖ)

リ・ガズィ・カスタム

エルピー・プル

(ガンダムΖΖ)

ローゼン・ズール

プルツー

(ガンダムΖΖ)

ヤクト・ドーガ

マリーダ・クルス

(クェス・エア専用機)

(ガンダムUC)

グループ2のマスターユニットは、 長らくユーコ・オルテンシアがパイロットだったのですが、 ラストステージ前の再編成で彼女がグループ1へ異動したため、 急遽、ハマーンに乗ってもらうことにしました。

そしたら、たまたまチーム1のリーダーがマシュマーで、 最初からこの関係を狙っていたワケではありません(笑。

マシュマーがリーダーなら、 きっと明るい雰囲気のチームになるでしょう・・・・・・
(プルツーやマリーダを見ながら)

強化前の天然(?)マシュマーが好きなので、 強化状態にはしていません。
その状態でも「強化人間」アビリティは覚えますけども、 覚醒値は伸びないままなので、 もしその状態でサイコミュを扱うなら、 プレイヤー自らACEポイントを振って 「強化」してあげる必要があります。
サイコミュ使わないなら、 いっそ他のアビリティと入れ替えた方がよさげですねぇ・・・・・・。

機体を選ぶ際、 原作キャラのイメージは、大事にしたいと考えています。あくまで「イメージ」を大事にするということで、 原作で乗っていた機体に乗せる、という意味ではありません

で、クィン・マンサはまだいいとして、 ガンダムバルバトスなんですけども、 これは、せっかくDLCでもらったので、使おうと思ったのです。
ただ、パイロットは付いていないので、誰を乗せようかと。
アニメを見て、アラヤシキシステムのことを知っているので、 なるべく女性は乗せたくありません・・・・・・。
てーなると、 編成されている中で男性といえば、マシュマーとバーニィ。
ただ、バーニィはやっぱりザク系に乗せたいので、 マシュマーに乗ってもらった次第です。

プルは、原作ではキュベレイMk-II(黒)だけでなく、 ガンダムMk-IIにも乗っていました。
で、天真爛漫なキャラのイメージ的には、 明るめカラーの連邦やエゥーゴ系の機体が合いそう。
ただ、主人公が乗っていたような主役級ではなくて、 どちらかと言うと百式とかリ・ガズィとか、そういうの(笑。
で、リ・ガズィ・カスタム

プルツーは、なぜかローゼン・ズール
まんまキュベレイに乗せても面白くありませんしねぇ。
なるべく初期HPの高い機体を、と思って探していたのですが、 高性能機をほいほい生産できるほどキャピタル(軍資金)に余裕もなかったので、 手持ちの中で条件を満たす機体、ということでコレになりました。
まー、インコムは状況次第ではサイコミュより扱いやすいですし、 機体アビリティとしてサイコミュ無効化もできますから、 悪くないチョイスかと。

実際のところ、強力なサイコミュ系の機体は、 ほとんどグループ1へ移してしまったので、 彼女らにはあまりその種の機体を回せず、 マリーダヤクト・ドーガを与えるので精一杯(苦笑。
こういった機体を育てていくのも、楽しいですけどネ。

書き忘れていましたが、 クィン・マンサには「ミノフスキー・クラフト」を着けているため宇宙・空中適性がSになっています。

TEAM 2

量産型νガンダム

クリスチーナ・マッケンジー

(ポケットの中の戦争)

ザクIII改

バーナード・ワイズマン

(ポケットの中の戦争)

フェネクス

マリオン・ウェルチ

(THE BLUE DESTINY)

リバウ

シャルロッテ・ヘープナー

(ジオニックフロント)

(ニュータイプ用に開発されていた)アレックスの テストパイロットを務めていたクリスは、 将来、量産型νガンダムに乗っているかも・・・・・・

と、これもキャラのイメージなどに妄想を加味してのチョイス。
マァ、そもそも戦いの場には出ないでしょうけど、 そこまで厳密に考えてたら編成できないので(笑。

で、バーニィはやっぱりザク系ですねー。
ただ、彼はレベルアップでは能力があまり伸びない上、 当然、覚醒値もないので、ザクIII改の「サイコ・プレッシャー」デフォルトのままだと使い物になりません(笑。

少なくともレベル30時点の能力を見る限り、 圧倒的にクリスの方が強い・・・・・・のは、別に不思議なことでもなかったり。

バーニィはジオンの新米パイロットで、 実戦経験もほとんどありません。
一方のクリスは、開発中の新型機のテストパイロット。それもガンダムタイプであるアレックスを任されるほどなので、相応の技量はあったはずです。
もちろん、ニュータイプでない彼女に 「乗りこなす」ことは難しかったかもしれませんけど、 少なくとも、へたれでないことは確かかと(笑。

で、原作でのシーンを思い返してみると、あれは、 あえて不利な状況下で戦ったための相打ちですしね。 市街地への被害を避けるためでした。
マァ、バーニィも市街地で戦う意思はなかったので、 作戦どおりに誘い込まれただけなのですが・・・・・・。

つまり、バーニィの「作戦」の効果が大きかったということで。
彼の操縦技術が高かったわけでも、 彼女の操縦技術が低かったわけでも、なかったと思います。

サテ、マリオンが使っているフェネクスは、 グループ1で使っていたもののお下がり。
彼女は特殊な存在なので、 機体もちょっち特殊なカンジのが合いそう。
お陰で、グループ1&2、すべてのチームで、 サイコミュ無効化アビリティを備えた機体が配備されることに。
キャラクタースキルの「ハイテンション」があると すぐデストロイモードにできて、便利。
NT-Dは、 単純に対ニュータイプ用のシステム、というわけではありません。

マリオンなら、 きっとバナージのように正しく扱えるのでは・・・・・・

という想いもあります。

シャルロッテは、反応の伸びが悪かったので、 ACEポイントで補強してあります。
そして、彼女に対する何となくなイメージですけど、 「新型機」にも抵抗なく乗っていきそうなのでリバウを与えました。 ジオン系で、 でもシナンジュは赤い彗星専用機というイメージがあるので、 リバウ辺りがデザイン的に「新しさ」を感じられてイイかなと。
ただ、初期HPが高ければ、 ガンダムΖΖ時代のバウか量産型バウを選んでいたところ。
あちらの方がより尖っていて、フォルム的に好きなのです(笑。カラーリング的には、量産型のグリーンが好きですねぇ。

では、グループ1の編成をば・・・・・・

こちらは、オリジナルキャラで固めた編成になっています。
せっかく、削られていた面々が戻ってきたのですから 存分に活躍してもらおうと。

ユーコ・オルテンシアも、 原作キャラではないのでこちらに組み込みました。

ただ、編成可能なチーム数が2までというのが残念
お陰で、イワン・イワノフを泣く泣く(?)外すことに
その分、クレアに頑張って(?)もらいましたけど。

こちらはラストステージに挑んだグループなので、 機体画像では装着していたオプションパーツのページを表示しています。

ただ、うちは攻略サイトではないので、参考程度にご覧ください(笑。
機体・キャラのレベルは、ステージ攻略後の状態となっています。

戦 艦

ザンジバル

艦 長

副 長

ゼノン・ティーゲル

ニキ・テイラー

通 信

操 舵

ラ・ミラ・ルナ

レッセル・ミズカ

整 備

ゲスト

ケイ・ニムロッド

カチュア・リィス

ずっと一番低い難易度でプレイしていたこともあってか、キャピタルがなかなか貯まらず。
最初に購入した、2チーム編成可能な万能型戦艦・・・・・・ザンジバルのままラストステージへ(笑。

でも、今作では戦艦もレベルアップしてゆくので愛着が湧きますねぇ。

本当は、(名称的に)リリー・マルレーンが好きなんですけども、 武装にミサイルがなかったので、却下。
アレがあるのとないのとで、攻撃可能範囲が違ってきますから。

エンドラも好きなんですけど、 武装がメガ粒子砲しかないのでやっぱり却下(笑。

艦長は、ゼノンのおじさまで決まり。不動の地位?
アビリティ的には、マスターユニットも乗りこなせそうです。

ニキさんはパイロットにしたかったのですけど、 チーム数の都合で副長のまま、ということに。

カチュアは、覚醒値はかなり伸びるのに反応がほとんど伸びないという謎・・・・・・。
魅力が補強される「カリスマ」を覚えたころには、 ゲームプレイ終盤でした(苦笑。

正直、魅力だけなら他に高いキャラいるんですけど、オリキャラのプロフィール見ていたら、シス・ミットヴィルと仲が良い(?)みたいなので、どうにかしてグループ内のどこかに配属したかったのです。
で、ゲスト枠。

マスターユニット

パイロット

サイコ・ハロ

クレハ・アマノ

(作成オリジナルキャラ)

TEAM 1

ガンダムデルタカイ

マーク・ギルダー

Ex-Sガンダム

マリア・オーエンス

ユニコーンガンダム

エリス・クロード

(デストロイモード)【緑】

クシャトリヤ・リペアード

シス・ミットヴィル

アマノ・クレハはいろんなところに出てきます。以前は「討鬼伝」でした。
能力的には指揮と守備以外をちょいちょい強化したくらいで、バランスよく育っています。

サイコ・ハロは、
物理格闘と物理射撃(ハロ・ビット)
特殊格闘(ハロ・ドリル・パンチ)
特殊射撃(ハロ・メガ・ビーム)

といった属性の武装を持っているので、「ビーム耐性? ナニソレ」状態(笑。
ハロ・メガ・ビームは、 武装の詳細見るまでビーム兵器だとばかり思ってましたけど・・・・・・。バトル時の見た目もビームですし。
加えて、I・フィールド耐ビーム・コーティング持ちと、 敵からのビーム攻撃にめっぽう強かったりします。

マーク・ギルダーは色々な意味で熟練パイロットなのですが、能力的にはエリスの方が高め。その代わり、リーダー向きかな、と。

ガンダムデルタカイの武装は、2つのビーム兵装が共に「貫通」付き。敵の防御力を-20%にした状態でダメージを与えます。
特にハイ・メガ・キャノンの方は最大射程7で、テンションが上がっていない時はファンネルより射程が長いのがポイント。

マリアは、サイコミュ搭載機も扱えるよう、ACEポイントを振って覚醒値を上げたのですが・・・・・・
結局、Ex-Sガンダムに乗ることになってしまいました。
「修正」して育てなおすのも面倒なのでそのままにしてあります。別に、弱くはないので。

Ex-S自体も、最大射程が6にとどまることと、ビーム耐性のあるアビリティ持ちの敵に対応しづらい点を除けば、イイ機体です。
I・フィールドも付いてますし。

それに後者の短所は、ガンダムデルタカイなど他の機体も持ってますから、Ex-Sだけが不利ということではないですネ。

変形すれば、宇宙・空中適性S移動力8という、Ξガンダムと同等の移動性能を誇り、 また、特殊格闘「ALICE」による連続攻撃アニメーションはド迫力なので、一見の価値アリだと思います。

他に、リフレクター・インコムもありますし・・・・・・

ただ、大腿部ビーム・カノンは、使い道のない死に武装(苦笑。
射程3~5はビーム・スマートガンの2~5とかぶってますし、威力もスマートガンの方が若干上。
加えて、スマートガンには「貫通」付き
そして消費ENは、スマートガンが25、ビーム・カノンが24と、1しか違いがなく・・・・・・。
さらにダメ押ししておくと、 基本命中率は、スマートガンが80%、ビーム・カノンが70%。

どう考えてもツカエナイ武装

エリスにユニコーンガンダム(デストロイモード)【緑】を与えたら手が付けられない強さになりました(汗。

機体自体も高性能ですけれど、彼女の能力はオリキャラの中でトップクラスですから・・・・・・。
各能力がバランス良く伸び、反応と覚醒もしっかり伸びるので、頼りになります。

武装面では、「シールド・ファンネル」が、物理でもビームでもない「特殊射撃」扱いのため使い勝手ヨシ、でした。
あと、消費ENは多めなものの、 高威力かつ「貫通」付きの「ビーム・マグナム」も結構使いました。

シスは、圧倒的な覚醒値を誇る反面、 能力面でいくつかウィークポイントがあったのでACEポイントを振って補強しました。

クシャトリヤは、リペアードの方が物理系の武装があるので、使い勝手がよいですネ。
ファンネルも「ファンネル・ミサイル」となり、物理射撃扱いです。

ところで搭乗機についてですけども、 もちろんオリキャラも、キャラのイメージに合わせて選んでいます。

マーク、マリア、エリスは、連邦やエゥーゴ系の機体が合いそうですし。

シスは、その台詞から、強化人間やクローン・ニュータイプ用の機体が合いそう

と、そんなカンジ。

機体プロフィールを見たところ、 ガンダムデルタカイはちょっち物騒なシステム積んでるようですけど、彼なら問題ないという判断。

クレハ?

クレハは楽天的(という人物設定)なので、ネタ系で強力なサイコ・ハロです(笑。

TEAM 2

バンシィ・ノルン

ユーコ・オルテンシア

ナイチンゲール

フローレンス・キリシマ

タイタニア

レイチェル・ランサム

Ξガンダム

クレア・ヒースロー

ユーコ・オルテンシアはバランスよく強くなっていきますねー。
「魅力」だけ頭抜けているのは、さすが、の一言ですけども。
(上の画像の状態で、617)

チームリーダーを任せる際、アビリティをリーダー向けに入れ替えるため、MP消費武器使用時に消費量を軽減するアビリティ「精神統一」を削りました。

そのため、機体の真価を発揮するために覚醒値は必要なものの、MP消費武器を持たないバンシィ・ノルンに乗ってもらうことにしました。
射程が5止まりなのがネックですけども、 ビーム・マグナムは強力ですし、物理系の武装も備えているので、悪くはありません。
デストロイモードになれば、サイコミュ無効化もできますしネ。

フローレンスは・・・・・・
一見、ネタキャラのようで、実際にはカウンターに特化したキャラですねぇ。
守備は全くといっていいほど伸びない代わりに、回避率に影響する反応値の伸びが凄まじい(笑。
修得するアビリティにも、 反撃時に効果を発揮するものがありますし。

ただ、どれほど強力な攻撃でも

「当たらなければ、どうということはない」

と言われてしまえばオシマイですから、攻撃関連(主に射撃)を補強しました。
あと覚醒値も伸びますけど、それほど高くはならないので、これも必要に応じて補強、と。
そんなカンジ。

ナイチンゲールもイイ機体。
テンションが上がってなくても長射程のライフルが使えますし、上がってからはEN消費の少ないファンネルで、と使い分け可能。
パイロットの性格同様、かなり暴れてくれました(笑。

レイチェル
ラストステージはどの地形適性も有効な特殊ステージなので良いんですけども、どうも、パイロットよりはゲスト向けとか、 指揮値あまり伸びないのになぜかマスターユニットやリーダー向けとか、そういうアビリティが多いみたいですね(苦笑。

良く解釈すれば、ACEポイントによる補強次第でどのようなポジションでも任せられる・・・・・・と、言えなくもありませんけど。

とは言え、能力の伸び自体もあまり高くはないので、能力的には2軍キャラなのですが・・・・・・
イワンやクレアのような「笑い」もありませんし。

しかーし

なにしろ、初代Gジェネから登場し続けているオリキャラの1人なので、彼女を外すわけにはいかないのです(笑。
何とか戦っていけるよう、がんばって補強しました。

できれば、タイタニアよりも強力な機体に乗せてあげたかったんですけどネ。
グループ1に配備されている機体の中では、基本性能が低い方なので。

ウチの部隊に潤沢な軍資金があれば・・・・・・(笑。

そして、クレア
グループ内で最も能力の低い彼女には、最強スペックのΞ(クスィー)ガンダムを。

活躍できたのは、機体の性能のおかげだということを、忘れるな・・・・・・

と言われても言い訳できなさそうですが、とにかく役には立ってくれました。

Ξガンダムも、「ファンネル・ミサイル」を装備しているのでクシャトリヤ・リペアード同様、 ビーム耐性のあるアビリティ持ちの敵相手に重宝しました。

加えてΞの場合、物理に耐性のあるアビリティ持ちの敵に対しては、強力なビーム兵器 (最大射程7、「貫通」付きで、消費EN20はスゴイ)で対抗可能。
さらにはテンション「超強気」では「特殊射撃」も可能になるなど、防御系アビリティこそないものの、攻撃面では隙の無い機体となってますネ。

テンションの上がりやすいクレアとは、相性がイイと言えます。

難易度ノーマルでトントン拍子に進んできて、ラストステージを前に部隊強化の必要性が出てきて、なかなかクリアできませんでしたけど、どうにか達成。

積みゲー化せずに済みました(笑。

終盤になってプレイの進行が遅くなると、な~んかモチベーションが下がっちゃうことがあるんですよねぇ・・・・・・

その前にクリアできて良かったです。

執筆者

主に家庭用ゲーム機で楽しんでいるゲーム好き。 オンラインタイトルは、PSO2とバトオペ2をプレイ。オフゲーする事もアリ。 オンゲではマイキャラになりきって楽しむことを好む。 PSO2での衝撃的な出会いにより、男の娘(2次元限定)に魅力を感じるようになってしまう。

コメントを残す

テキストのコピーはできません。