PHANTASY STAR ONLINE 2

PSO2:バーチャロンコラボで「バトルアリーナ」中

「PHANTASY STAR ONLINE 2」(PSO2)。

『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』とのコラボは、2018年3月7日(水)メンテ前まで。

 

pso2-180221_1-650x366 - PSO2:バーチャロンコラボで「バトルアリーナ」中

 

今回、うまいと思ったのは、
対戦系ゲームタイトルとのコラボで、対戦型コンテンツ「バトルアリーナ」を舞台としたこと

雰囲気でますね、その方が。

過去のバーチャロンコラボ時には、「バトルアリーナ」はまだ実装されていませんでした。

 

でもって、コラボアイテムがACスクラッチではなく、
「バトルアリーナ」での対戦後に引ける報酬スクラッチで手に入ること。

つまり、課金の必要なし。

 

ただ、3つの箱、いずれにも含まれていないことの方が、多いですけど。

 

報酬スクラッチの場合、
SGを消費すれば3つの箱すべて開けることも可能なので、
その辺り、考慮しての設定なのだと思っています。

マイショップでの購入も可能ですし。

 

少し、説明入りますー。

 

一般に「対人戦」というと敷居が高いように感じますけれど、

「バトルアリーナ」ではバトルアリーナ専用クラスになるため、通常のクラスレベルは無関係

コンテンツ内での育成要素もありません。

よって、キャラの強さは、全員同じとなります。

 

参加資格・条件も、あるとしたら、

「アークスであること」ぐらいでしょうねー(笑。

 

対戦相手の名前は、匿名表示となっています。

よほど印象的なプレイをしていたり、
目立つ姿をしていたりしたら、
「さっき戦ったヒトだー」と、分かるかもしれませんけども。

 

発言も、相手へは聞こえません

ロビーアクションも、バトルエリア内では無効

 

内容は、相手を倒したり「エンブレム」を獲得したりしてポイントをためていき、試合終了時にポイントの多い側が勝利、というもの。

所持ポイントが多いほど、倒された際に相手へ献上するポイントが多くなります

ただ相手を倒すだけでなく、
ポイント上位者となっている場合には、倒されにくい立ち回りを考えることも重要になってきます。

 

倒す/倒されるといった要素はあるものの、スポーツみたいな感じ。

試合時間5分の中で、攻防を繰り広げるわけですがー、

残り1分切ってからの逆転劇は、ざら

優勢だからといって気を抜いていると、
終盤に猛追され、
最後の1秒でひっくり返されて逆転負け・・・・・・

ということも、起こるほどです。

 

特に、ポイント上位者は狙われやすいのですが、
相手側のポイント下位者(4~6位)の位置はミニマップに表示されないので、
死角から不意に攻撃を受けて倒されることは、よくあります。

 

終盤の熱い攻防

そのような、スポーツ漫画/アニメ的な展開を楽しめるのが、
「バトルアリーナ」の魅力かと思います。

 

なお、報酬がもらえるのは「ランクマッチ」ですが、
こちらではパーティを組んでの参加などはできません。

個人で参加し、
自動的にブルーかレッド、いずれかのユニオンへ配属されます。

ですので、
いわゆる固定メンバー/チームといったものは存在しません。

前の試合で戦った相手で、すごく上手かったヒトが、
今度は自分と同じユニオンにいる、ということもあり得ます。

 

 

pso2-180221_2-650x366 - PSO2:バーチャロンコラボで「バトルアリーナ」中

 

ショップエリアのテムジン。

頭や肩に乗れるので、記念撮影するとイイかもです。

 

 

☆ バーチャロン仕様の「バトルアリーナ」

 

ゲート/ショップエリアなどのテレポーターから、「共通シップ」のバトルロビーへ・・・・・・。

(クエストカウンターでも可

 

ロビーに入った瞬間から、
BGMが盛り上げてくれますねっ

ここですでに、いつもとは違う空気を感じさせてくれます。

 

対戦報酬が得られるのは、「ランクマッチ」

どのブロックのカウンターから参加してもOK。
バトルロビーでは、すべてのブロックを対象にマッチングしてくれます。

 

こう言っちゃなんですけど、
「バスタークエスト」よりマッチングしやすかったりします・・・。

もともと、常連として楽しんでいる方にくわえて、
コラボ期間中ということで参加者が増えているようなので。

 

対戦で、経験値は入りません。

コレクトファイルのゲージもたまりません。

 

でもこういうイベントの時には、
足繁く通うのもよさそうです。

対戦自体は、たのしいものですからねっ

負けたときの悔しさも含めて(笑。

 

それで、SGもゲットできますし。

バトルコイン交換ショップと、
毎月のランキング報酬ですねー。

 

 

実際にプレイした感想は、やっぱりまずBGMがイイ

元の「バトルアリーナ」の曲も悪くはありませんが、より盛り上がるですね。

ステージ毎に用意されていて、それだけで楽しさアップです。

 

で、武器がまた入れ替わっていて・・・・・・

 

ソードには、(凶悪な)ライジングエッジと、同じく「バトルアリーナ」仕様になっている(新顔)ライドスラッシャー。

ライドスラッシャー・・・・・・

捕まると抜け出すのが困難ですにゃ。

ただ、確かにライドスラッシャーにやられることは多いですが、不意打ちの形でなければ対処は可能。

私もよく、撃墜されてますからねっ(へたれ

 

ライジングエッジは、以前からそうですけど命中すると一撃死の可能性大

攻撃範囲は、縦・前方に広く、横は狭い。

対応するなら気持ち早めに動かないと、「あっ?」と思ったときには床ペロしている

特にこのPAについては、
「画面上の相手との距離はアテにならない」

 

それから、ライフルですか。

こちらのPAは、同じく「バトルアリーナ」仕様の(新顔)エンドアトラクトですね。

以前のバレットボウ(PA:ラストネメシス)を、もう少し扱いやすくしたカンジかもしれません。

フルチャージショットは一撃で倒すことも多い強烈なものですが、PP消費が多くなりがちで、外したり遮蔽物に当たったり、発射時の反動による隙も大きかったりと・・・・・・

相応にリスクもあるので、いい按配だと思います。

 

あとジェットブーツがありますが、こちらは以前と変わりませんねー。

 

 

対戦型コンテンツ(PvP)をプレイするにあたって。

大事なことは、「心に余裕をもってプレイする」ことだと思います。

 

対NPCと違って、
必ず、プレイヤーの誰かが敗者となるコンテンツ。

相手は人間で、毎回、同じ展開とは限りません。

運も結構からんできます。

勝てる保証は、どこにもありません

 

そのようなコンテンツをプレイする場合には、
「余裕」をもつことが大事かなと。

 

負けが込んでイライラが募っていると感じたら、
周りに迷惑かける前に、1度、バトルロビーから出て頭を冷やしましょう。

 

「バトルアリーナ」は、
自分だけでなく、その場にいる12人みんなで楽しむもの。

それを忘れてはいけないと、思います。

 

 

最後にちょっと、挨拶のこと。

「バトルアリーナ」では、開戦前に挨拶する方が多いですが、ここではオートワードが無効になっています。

ショートカットワードは有効なので、そちらを用意しておくとイイですね。

執筆者

主に家庭用ゲーム機で楽しんでいるゲーム好き。 オンラインタイトルは、PSO2とバトオペ2をプレイ。オフゲーする事もアリ。 オンゲではマイキャラになりきって楽しむことを好む。 PSO2での衝撃的な出会いにより、男の娘(2次元限定)に魅力を感じるようになってしまう。

コメントを残す

テキストのコピーはできません。