PHANTASY STAR ONLINE 2

PSO2:独極訓練「狂想と幻創」をクリアー(ハンター&ソード)

「PHANTASY STAR ONLINE 2」(PSO2)、ソロ専用エクストリームクエスト「狂想と幻創」のお話。

エクストリームクエストは、高難易度に位置づけられるクエスト群。

記事執筆時点で、「極限訓練:地球と幻創」(パーティー用)、「独極訓練:狂想と幻創」(ソロ用)、いずれかのクリアが、「エキスパート対象者」となるための条件になっています。

エキスパート対象者になると、対象者限定でマッチングできるようになり、難易度の高いクエストを成功させやすくなります。

強いお仲間がいるならパーティー用の方が楽ですけれど、私は基本、ぼっちなのでソロ用に挑戦

こちらは、腕試しとしても利用できますね。

【 クラス 】

メイン:ハンター / サブ:ファイター

【 得 物 】

アトラファーダ(★14ソード)

以前、エキスパートの条件が更新されて間もない頃に初挑戦したところ、ステージ3のファレグ戦で力尽きました。

それから数ヶ月・・・・・・

武器も防具も、それ自体は変わっていないのですけど、スキルや装備強化の方向性がガラッと変わりました

クラススキルは、フューリーからガードスタンス系に変更。

特殊能力は、防具のみ、打撃力重視からHP重視に変更。
(打撃力もある程度は付けています)

HPは、2050ほど。

打撃力は低下したものの、チームルームのフォトンツリーの支援効果や、食事の「肉野菜炒め」なども使用して、一応、打撃力は4000ほどあります。

小耳に挟んだところでは、ジャストガードを成功させて「ガードスタンス アドバンス」を発動すれば、ある程度の火力を維持できるとのこと。

ソードなら「チャージパリング」(ハンター用スキル)を使いやすいので、ジャストガードもやりやすいですね。

というわけで、改めて挑戦。

PP量に不安があるので、PAのダメージアップにも期待して「フォトンドリンク」を飲んでいます。

★ ステージ1

【 デウス・ヒューナス 】

少し距離を取り、敵の攻撃にあわせてギルティブレイクをチャージ。

チャージパリングでジャストガードしつつ距離を詰め、数発攻撃を入れて、また距離を取る

そんな感じで繰り返しました。

最初のステージオーダー「60秒間、ダメージを受けるな」も、焦らずチャージパリングを狙えば達成しやすいですね。

デウス・ヒューナスの動きはやや大ぶりで分かりやすいですし。

以前はHP1300台で、デウス・ヒューナスから1000以上のダメージをもらっていましたが・・・・・・

HP2000台で、被ダメは800台に減少。まだオートメイトが発動しません。

なお、アトラファーダにはS級特殊能力「S1:海ノ青閃」を付けてあります。
効果は、「被ダメージ600毎に、30秒間、毎秒HP4%回復」

さらに、スキルリングの「R/HPリストレイト」の効果で、5秒毎にHPが7.5%自動回復

加えて、ハンターのスキル「ヒーリングガード」の効果で、ジャストガードに成功するたび、HPが5%回復します。

ハンターの誇る優良スキル「オートメイト」があるとは言え、頻繁にHPが半分をきっていたら、メイト系アイテムがラストステージまで持ちません

メイト系アイテムの消費を抑えるため、自己回復手段も重視しました。

★ ステージ2

【 アラトロン・フェムト & ウォルガーダ x3 】

アラトロン・フェムトと言うと、この激しい雷撃攻撃が厄介。

ですが・・・・・・

被ダメ量より回復量の方が上回っています(汗)

ここのステージオーダーは、失敗

状態異常になっていないタイミングでウォルガーダを倒してしまいました。

次は、いよいよ・・・・・・

★ ステージ3

【 魔人ファレグ 】

次第に足場がダメージゾーンへと変化してゆき、効果が発動した時に床の上にいるとダメージを受けます。

ファレグはあちこち動き回るので、近接系だとちょっと大変・・・・・・?

随分と粘るので、カリンもびっくり

EP4のファレグ戦も、この独極訓練に挑戦する前にやりましたが、その時はまだフューリースタンスの打撃力重視状態で、燃焼状態になる「バーン」を防ぐスキルリングを使ってたのです。

今回、そのリングは使っていませんが・・・・・・

アラトロン・フェムトの時と同様、回復量が上回ってますね~

ファレグ戦でもっともHPが減った状態が、コレ。

でもまだ半分きってませんし、ここからモリモリ回復していきます。

ちなみに、ステージオーダーは「999秒間、回復効果を受けるな」という内容ですけれど、手動ではない、自動的に回復する効果はNGにならないみたいですね。

ステージオーダーも達成して、未知のステージ4へと進みます。

★ ステージ4

【 クローム・ドラゴン & ファルス・アンゲル & 【若人】複製体 】

ステージオーダーは「300秒以内にクローム・ドラゴンを1体倒せ」という内容。

どうやら、ドラゴンとダークファルス系の2体は互いに攻撃し合う関係のよう。

とりあえず、目立っていて、放っておくと面倒くさそうなファルス・アンゲルから倒しました。

極太レーザーはさすがに痛い。

と言ってもまだHPに余裕があったりするけれど。

ガードスタンスで、HP重視の装備だと、あんまり火力なさそーじゃないですか。

でも、5分以内に、ファルス・アンゲル > クローム・ドラゴンと倒せるくらいの火力はあるのです。

いよいよラストステージへ・・・・・・

★ ステージ5

【 オメガ・ヒューナル 】

オメガ・ヒューナルも攻撃力高いですが、落ち着いてチャージパリング狙い。

攻撃パターンが変化する抜刀状態で、ダメージを受ける回数が増えました。

アトラファーダには、ファイターのスキル「ブレイブスタンス」が有効な状況でクリティカルヒット率が30%アップするS4特殊能力を付けています。

そのため、正面から攻撃した場合はほとんどがクリティカルヒット(その時の状態・攻撃手段でのキャップダメージ)になります。

無事に、ラストステージもクリアー

要した時間は、25分弱

30分くらい掛かるかと思ってましたが、予想よりは早かったです。

ほとんど倒される恐れのない状態でのこのタイム。割とイイんじゃないでしょーか。

HPが半分きると一瞬でオートメイトで回復するので気づきませんでしたけど、5ステージを戦い終えて消費したモノメイトは6個でした。

まだ4個残っていて、さらにディメイト、トリメイト、スターアトマイザーもあるので、余裕がありますねっ

ロビーへ戻り、めでたく称号「狂想の孤軍奮闘」をGET。

もっとも、あまりエキスパート対象者限定でプレイする気はないのですが。
非エキスパートの難度エクストラハードの、あのカオスな感じが好きなもので。

でも、数ヶ月前の借りも返せましたし、現状の能力も確認できましたし、良い腕試しになりました。

装備はともかく、スキルツリーについてはフューリースタンス系とガードスタンス系、両方用意しておこうと思います。
マルチプレイ時には、ジャストガードを狙いづらい状況もありますからねー。

ではでは。以上ですっ

執筆者

主に家庭用ゲーム機で楽しんでいるゲーム好き。 オンラインタイトルは、PSO2とバトオペ2をプレイ。オフゲーする事もアリ。 オンゲではマイキャラになりきって楽しむことを好む。 PSO2での衝撃的な出会いにより、男の娘(2次元限定)に魅力を感じるようになってしまう。

コメントを残す

テキストのコピーはできません。