グッズ紹介

眼精疲労対策~私のアイケア~

日々、さまざまなデジタル機器に触れる生活を送っています。

眼に良くない生活・・・・・・

それでも、しっかり睡眠を取り、翌朝に目覚めたときに何ともなければ良いと、思っていました。

けれど、いつしか疲労が蓄積するようになっていました。

眼の奥が“重い”感じ・・・・・・

目薬を使っても、一時的に楽になるだけ。

これは、きちんと対策を取る必要がありそう・・・・・・
だって眼には、“最期まで見えていてほしい”から

とにかく、眼の負担を軽減すること。
そのために続けてきました、私のアイケア。
その中で効果を実感したものについて紹介しようと思います。

なお、デジタル機器との接し方ついては、
「可能な範囲で使用時間、頻度を減らす」
これだけ。
現代を生きる者として使用時間ゼロにはできませんから、これだけね。

【 目 次 】

★ 眼の体操

朝、目が覚めたら「チベットホイール」で眼の体操をしています。

こういうの。

説明書きによると、眼から50cmくらい離した状態で、黒い図形の“ふち”を、眼でなぞっていって1周します。丸い部分もぐるりとなぞります。
1周したら、今度は逆向きに1周。

両目でも片目ずつでも良いみたいですけど、私は片目ずつやってます。

「視力回復トレーニング」としても取り上げられているようですけれど、私の目的はあくまで、眼の筋肉をほぐし、眼への負担を軽減すること

効果は実感しています。
これ、眼の筋肉が凝り固まっていると、スムーズになぞれないんです。
わかりやすいですね。
私の場合、何日かサボるとそうなります。
毎日続けていると、そうはなりません。
毎日、気持ちよく眼が動いてくれてます(笑

ネットで、

チベットホイール 印刷
(検索用キーワード)

と検索すると、印刷用画像を掲載してくれているサイトも出てきます。
「眼のトレーニング」には色々ありますけども、私はこれを朝にやるだけですね。
それで足りてます。

★ 防腐剤不使用 目薬

眼に・・・・・・
眼に、うるおいをーーーーッ

デジタル機器の画面を見ていると、通常よりもまばたきの回数が減り、眼が乾きやすくなります。
眼病への抵抗力を維持するためにも、眼はなるべく潤っていた方がいいわけで。

というわけで目薬は、眼精疲労の軽減目的というよりは、「眼に潤い」の目的で使っています。

ただ、どの目薬でも良いというわけでなく。

ネットで、

目薬 防腐剤
(検索用キーワード)

で検索すると、「防腐剤」についての情報が色々出てきます。主に、角膜を傷つける恐れがあるとか、何やら物騒です。
どうせならより安心できる目薬が良いですね。

ということで、

防腐剤不使用の目薬を紹介しているサイトをいくつか拝見し、こちらの「ロートビタ40α」がよくおすすめされていたので、購入するようになりました。

2020年5月24日現在、上記のショップが楽天市場で最安。

なお、防腐剤不使用の目薬は汚染に弱いそうなので、“清潔”を心がけること。
たとえば、“まつげ”。
“まつげ”は眼に異物が入るのを防ぐためにあるものなので、汚れやすいです。
点眼時、目薬の先端部に触れないよう注意しましょう。

★ アイマスク(温熱タイプ)

眼精疲労軽減のキモが、これ。
「温熱タイプ」というところが、ミソです。

要は、

凝りをほぐすために温めてあげる

ということですね。
これがなかなか、効果的なんです。
温熱タイプのアイマスクにも色々あると思いますけれど、私のは電子レンジで40秒ほど加熱して使うタイプ。

購入したのはだいぶ前で、(箱を処分しているため)商品名も不確かなのでネットで探しても見つけられませんでしたけど、同様のアイマスクはたくさん販売されています。

就寝時に使用しています。
あまり熱すぎると心配なので、若干熱めに感じられる程度で。
ぬるくなってきたら外しています。「何かで眼が押さえられている状態」だと、どうにも寝付けない性分みたいで(苦笑

で、翌朝にはスッキリです。
イイですよ、温熱アイマスク。

★ ブルーライトカット メガネ

眼精疲労軽減のキモ、その2。
使わずに過ごした場合と比べて、やはり眼の疲れ具合が違います。

ブルーライトカット メガネを使わないでいると、眼の奥にダメージが残る感じがします。
これは、いくら目薬を差しても取れないダメージ。
明らかに眼に悪い状態と言えます。

若い頃は、そこまで気にならなかったのですけどね(汗

ブルーライトカット メガネを使っていると、それほどのダメージは残りません。
“眼が護られている感”もかなりあります。

ブルーライトカット効果のあるメガネは、多数、販売されています。
私も、過去にいくつか購入した経験があります。
ふだん度付きの眼鏡を着用しているので、主に、クリップ式オーバーグラス式となります。

最初に購入したのはクリップ式で、クリップで眼鏡に固定するタイプ。
後述のオーバーグラスと比べて眼鏡のサイズを細かく気にする必要がなく、軽めなのが特長。
それは良かったのですが、眼鏡とブルーライトカット メガネの隙間に上から照明の光が差し込んでしまい、画面が見づらくなりました(汗

次に購入したのは、オーバーグラス式。眼鏡の上から掛けるタイプですね。
これは、ブルーライトカット効果自体は実感できたものの、画面がやや赤みを帯びて見えました

3つめもオーバーグラス式。現在、使用しているもの。

これの、
フレームカラー:ダークグレー
レンズカラー:ピュアグレー
ちょっと、お洒落じゃないんですけどね(苦笑
可視光線透過率がもっとも高く、「なるべく自然に見えること」を重視しました。

視界はやや暗めにはなるものの、特に色味が変わって見えることはありませんでした。照明の光も若干、差し込む程度で見づらいというほどではなく、私の中で及第点

ただ、これはオーバーグラス式の宿命なんですけども。
大体ゴツくて、やや重いです(笑
眼鏡の上に掛けるものですから、仕方ありませんね。

他に、ブルーライトカット機能を付与した度付き眼鏡も、あったりします。
こちらは眼鏡屋さんで相談するのが良いと思います。
少々、値は高くなりますが見た目はもっともスマート

ふだん度付き眼鏡を着用していて、かつ「見た目」を気にする必要がある場合の有力候補となります。

私が眼の負担軽減のために行っていることは、以上です。

まとめると、
★ブルーライトカット メガネでダメージを軽減
★アイマスク(温熱タイプ)で眼精疲労を癒やす
★チベットホイールを使用した眼のトレーニングで眼筋をほぐす
★眼の乾きを防ぐため目薬(防腐剤不使用)を差す

デジタル機器の画面を見続ける生活を送っていると、特にダメージを感じていなくとも、確実に、眼にはダメージが蓄積されています
何らかのケアが必要です。

ぜひ、自身に合ったやり方で、眼をいたわってあげてくださいね。

執筆者

主に家庭用ゲーム機で楽しんでいるゲーム好き。 オンラインタイトルは、PSO2とバトオペ2をプレイ。オフゲーする事もアリ。 オンゲではマイキャラになりきって楽しむことを好む。 PSO2での衝撃的な出会いにより、男の娘(2次元限定)に魅力を感じるようになってしまう。
テキストのコピーはできません。