雑記

Vitaで50音配列

PS Vitaのソフトウェアキーボードのコト

 

PCのキーボード配列に慣れてるヒトは、デフォルトのままで何気なく使っちゃうと思いますけど、タッチパネルの場合、ローマ字入力で日本語打つの、タッチ回数が多くてメンドウなんですよネー

 

・・・・・・なんて、思ったりしません?
思ったヒトは、以下、読んでみてくださいネ

 

PS Vitaでは、だいーぶ前のアップデートで50音配列のソフトウェアキーボードを使えるようになってます

 

けど、そのアップデート以降にVitaを購入したヒトは、もしかしたらご存じないかもしれません

 

デフォルトで不満がない場合はそのままで良いですけど、「タッチ回数が多くなるの、なんとかならへんのー、コレ?」なんてヒトは、50音キーボードを試してみてください

 

★まずは設定変更から

 

設定メニューを開きます

 

で、言語入力言語キーボード/単語の登録日本語

 

と進むと、やっと目的の項目にたどり着きます

 

デフォルトでは、<標準(QWERTY)>だけにチェックが付いてますので・・・・・・
(少なくとも、上記アップデート以前に購入したVitaはそうです)

 

その下の、<五十音>にもチェックを入れます

 

vita50_1-300x170 - Vitaで50音配列
50音設定

 

これで準備完了

ちなみに、標準のチェックを外して五十音だけにすると、もちろん五十音キーボードだけを使う設定になります
けど、どちらを使用するか決まらない内は、両方にチェックを入れておいて、双方の使い勝手を比較しやすくしておいた方が良いと思います

 

★50音配列に切り替え

 

ソフトウェアキーボードが表示されている状態で・・・・・・
まず、左下のキーボードアイコンをタップ
さっきの<設定>をしていないと、このアイコンが表示されないんですネー

 

vita50_2-300x170 - Vitaで50音配列
左下のアイコン

 

すると・・・・・・
キーボード上部に、現在、どちらの配列かを示す表示が出てきます
また、50音キーボードが右端に見えています
この状態で、左方向へフリックします

 

vita50_3-300x170 - Vitaで50音配列
左方向へフリック

 

この画像では本体ボタンを使用する設定にしてあるので、水色の枠が表示されてます
この場合は、十字キーを右に入れます
(本体ボタンを使用可能にするための項目も、<設定>にあります)

 

で、50音配列キーボードが真ん中にきます
標準キーボードの方は、左端に移っています

 

vita50_4-300x170 - Vitaで50音配列
タップで完了

 

この状態で、タップもしくは○ボタンを押せば、切り替え完了
このキーボードなら、たとえば「か」(ka)と入力するのもタップ一回で済みます

ついでに、アルファベットの配列も変わっていたりします・・・・・・

 

vita50_5-300x170 - Vitaで50音配列
アルファベット配列も

 

a,b,c,d,e,f・・・・・・
と、アルファベットの配列もこのように切り替わります
PCのキーボード配列に不慣れなヒトでも操作しやすいですネー

 

標準配列に戻したい場合は、右の方に表示されているキーボードアイコンをタップすれば切り替えられます

 

以上、扱いやすい方で快適なVitaライフをお送りください^☆

執筆者

主に家庭用ゲーム機で楽しんでいるゲーム好き。 オンラインタイトルは、PSO2とバトオペ2をプレイ。オフゲーする事もアリ。 オンゲではマイキャラになりきって楽しむことを好む。 PSO2での衝撃的な出会いにより、男の娘(2次元限定)に魅力を感じるようになってしまう。

コメントを残す

テキストのコピーはできません。