オフラインタイトル

<Gジェネジェネ>ガンダムUC後・・・・・・

「ジージェネレーション ジェネシス」です。
最後に選択したシリーズ「ガンダムUC」が終わりました-。

んでは、早速、画像をば・・・・・・
<Gジェネジェネ>ガンダムUC後・・・・・・ - オフラインタイトル
ガンダムUC(会話):ジンネマン
私も、同感-。

ヒトのために「泣ける」っていうことは、
ちゃんと感情を、「他者を想う気持ち」を持ってるってことだと思うから。

そういう人間は、いくら堪えていても涙を流してしまうもの。

それは、恥ずかしいことじゃない。
<Gジェネジェネ>ガンダムUC後・・・・・・ - オフラインタイトル
ガンダムUC(会話):ブライト
ニュータイプ部隊を率いてきた歴戦の艦長だけに、
彼の言葉には重みがありますネ。

余談ですけれど、
ブライト艦長の元の声優さんは
もうだいぶ前に亡くなってしまってますけれど、
後を継いだ声優さんも、かなり板に付いてきた感があります。

結構、安心して聴けるです。
<Gジェネジェネ>ガンダムUC後・・・・・・ - オフラインタイトル
ガンダムUC(会話):ミネバ
正直、ジェネシスの参戦作品が「宇宙世紀(元年からの)100年」
ということを知った時、
「F91」や「Vガンダム」がその範囲から外れることに
ちょっち不満がありました。

ゲームとして見れば、そうなんですけども・・・・・・

ですが、一年戦争時代から順にプレイしてきて、
最後にUCをプレイすると、なかなかどうして、感慨深いものがあります。

これはこれで、100年にわたって紡がれてきた
数々の物語がきれいにまとまって、イイ終わり方ですね。

・・・・・・・・・・・・・と、思ったら、
<Gジェネジェネ>ガンダムUC後・・・・・・ - オフラインタイトル
閃光のハサウェイ(シリーズセレクト画面)
人の可能性、信じたいのですけど。
中には、急いでしまう者がいるのも事実で。

100年後の安寧より、今の生活ってカンジでしょうか。
それはそれで、分かる気がします。

「閃光のハサウェイ」は、原作の小説も友人に借りて読みました。
Gジェネシリーズでは、
非映像作品の中ではかなり早い時期に参戦した作品ですね。

ハサウェイの戦闘BGMは、
基本的に当時からずっと変わっていないようです。

なんというか、
まさに「閃光のハサウェイ」を楽曲で表現したようなカンジ?

結構すきです。

でも、UCのエンディングを見た次の日くらいに、
追加DLCの配信があったので・・・・・・。

プレイして、特に哀しかったですね、「閃光のハサウェイ」は。

 

そしてそして、UCをクリアした時点で、
既存のすべてのシリーズを制覇したため、「仕掛け」が発動しました(笑。

これって、かつてのGジェネほにゃららを彷彿とさせる演出ですねぇ。

やっぱり、人類はアレに試される、ということなのでしょうか。

人類の存亡がかかるとなれば、
本来なら、ただアレに勝利できれば済むという話ではない
と思うのですけど、あくまでゲーム的な仕掛けなので、
そこはこだわらないことにします。

さ、クリアまであと少し、といったところですねー。

執筆者

主に家庭用ゲーム機で楽しんでいるゲーム好き。 オンラインタイトルは、PSO2とバトオペ2をプレイ。オフゲーする事もアリ。 オンゲではマイキャラになりきって楽しむことを好む。 PSO2での衝撃的な出会いにより、男の娘(2次元限定)に魅力を感じるようになってしまう。

コメントを残す

テキストのコピーはできません。