その他オンライン

<DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた

「ドラゴンクエストX」(DQ10)の体験版をPS4にてプレイしてみました。

 

なぜ今、DQ10なのかと言いますとー

 

私、FF14をプレイしているので、
スクウェア・エニックスのアカウント持ってるのです。

 

で、今年の8月に、DQ10のPS4版がサービス開始したのです。

これは、プレイしない手はないわけなんですけど、
プレイの優先度は他のタイトルより低かったため、

手を付けないまま・・・・・・

 

今に至る。

 

いやいや

 

これまで散々、

 

PS4でプレイできる、

 

国産の、

 

老舗メーカー製の、

 

オンラインRPGをプレイしてきて、

 

DQ10だけプレイしないとか、あり得ないでしょ・・・・・・。

そう思い至った今、やるしかないわめ、と。

 

ちなみに、他のタイトルはこんなカンジです。

信長の野望Online

大航海時代Online

PHANTASY STAR ONLINE 2

ドラゴンズドグマ オンライン

Final Fantasy XIV

数は多くありませんけども、それぞれにゲーム性が異なるので、色々やってみると面白かったりします。

「老舗メーカー」でなければ、「鬼斬」とかも。

定額課金制タイトルには、すべて体験版が用意されていますヨ。

 

ところで、DQ10のサービス自体は、2012年8月初旬にスタートしています(Wii版)。

・・・・・・ので、PSO2と同期ですね。

あちらは、2012年7月初旬にサービス開始(PC版)。

ひと月違い。

 

サテ、軽く体験版の仕様をチェックすると・・・・・・

期限はなく職業レベル50まで、職人レベル9まで。

ストーリーは、バージョン1の終盤までプレイ可能。

 

その他、主に交流関連で色々と制限がありますが、
これらは<業者>対策も兼ねてますから仕方のないところですね。

ともかく、DQ10のゲーム性を知るには十分そうです。

 

というわけで、始めました。

 

<キャラメイク>

 

dq10-intr_cm1-638x400 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた

 

ちょっと、やってみたくなる・・・・・・

スー○ーサイ○人風に。

 

性別と、

おとな か こども を選び、

身体の大きさを3段階から選び、

あとは、

顔の各パーツと色を選択するだけの、シンプルなもの。

 

dq10-intr_cm2-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
キャラメイク・2

 

キャラ名は重複OK

PSO2のように、キャラ名とは別にIDが設定されてるんですねー。

重複が嫌な場合は、ここで名前を付け直すことも可能です。

プレイ開始後は、有料オプションでの名前変更となるよーです。

 

で、ここから「序章」に相当するエピソードを体験して、

 

それから・・・・・・

 

dq10-intr_cm3-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
キャラメイク・3

 

5つの種族から1つを選び、またキャラメイクして、本編スタート。

 

私が選んだのは「オーガ」ですねぇ。

「オーガ」と聞くと一般にガチムチっぽい印象で、
神像を見てもそんな風ですけど、
私は過去にDQ10の画像を見て、知っているのです。

「人間以外でお姉さん系キャラを作るなら、オーガ」

だってことを。

お姉さんというとアレですけど、
要は、成人年齢前後くらいの女性キャラにしたいのです。

それと、できればお胸も、ちょっと、あった方が・・・・・・

 

ゲーム内で最初に出会うオーガの女性が、この方ね。

 

dq10-intr_cm4-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
可憐なるオーガ

 

でもって、人間に近い肌色も選べましたので。
ここがポイントでした。

 

小柄な体格を選んでも大きかったですけどね(笑。

 

いざ、オーガ族となってプレイを開始すると・・・・・・

 

dq10-intr_stry1-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
最初のお話

 

おお、カナタよ

しんでしまうとは なにごとだ!

 

って、つい思ってしまった。

 

種族ごとにスタート地点となる集落は異なり、
各集落でのエピソードもそれぞれ異なります。

 

 

では

以下は、気に入った要素について述べていきます。

 

<フィールド>

 

dq10-intr_adv1-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
フィールド・1

 

dq10-intr_adv2-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
フィールド・2

 

この、ほのぼのとした雰囲気・・・・・・

とても気分がよいですねぇ

 

遠景は、割とイイかんじです。

キャラクターモデルも、別に粗いわけではなさそーですし。

 

近景は粗いというか、古っぽい印象ですけど、マァいいでしょう。

ドラクエは、雰囲気がよければいいのです。

 

dq10-intr_adv3-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
ドルボード

 

乗り物、ドルボード。

これがまた、さほど苦労することなく乗れるようになるんですねー。

 

キャラの走るスピードはあまり速くないので、助かります。

外見をカスタマイズできるのも○

 

<ドラクエ的な・・・>

 

アレ

 

 

いやなんか、

転び方がすごかった・・・・・・

 

天井に頭ぶつけるのは、分かってたんですけど。

 

ドラクエって、ユーモア溢れてますよねぇ。

 

<便せんとかSSとか>

 

手紙(メール)を出すときは、便せんに書きます。

 

dq10-intr_adv4-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
ご当地便せん

 

しかも、特定の街限定の「ご当地便せん」なんかもあったり。

 

信Onを想い出して、懐かしかった!

あれも「信書」を出す際は、便せんアイテム使いましたからねー。

 

DQ10の場合は、さらに・・・・・・

 

dq10-intr_adv5-641x400 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた

 

ゲーム内の撮影機能で撮ったSSを、絵葉書にできるとか(絵葉書用便せん)。

 

さらにさらに

 

dq10-intr_adv6-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
冒険者の記事

 

これは他の方の記事ですがー

酒場などに設置されている掲示板から、
冒険者たちの投稿したSSを見ることができ、
「いいね!」を付けたりもできる
(体験版では付けられない)

 

こういうゆるい交流もいいナーと、思うのです。

 

<職人の道>

 

dq10-intr_crft1-627x400 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた

 

生産は、ミニゲーム風になってますね。釣りも。

 

生産のシステムについては、「Master of Epic」を連想。

あれはPC専用のオンラインRPGで、開発はハドソン。
これまた老舗メーカー。

 

全体のテンポは悪くなるかもしれませんけど、私はこーいうの好きですー。

 

<システム設定あれこれ>

 

dq10-intr_sys1-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
システム・1

 

まさか、ボス戦の難易度を選択できるなんて。

 

今のところ、難易度「ふつう」で倒せてます・・・・・・。

難易度が高いほど、ボス討伐時の獲得経験値が多い、ということのようです。

 

dq10-intr_sys2-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
システム・2

 

DQ10は、意図的に「オンラインRPGらしくない作り」になっています。

そのため、結構ソロプレイでも遊べるようなんですけど、
それ用の状況表示も用意されてますね。

「キーボードなし」というのも、個人的にポイント高いです。

 

dq10-intr_sys3-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
システム・3

 

返事がない。

ただの しかばねのようだ・・・・・・。

 

じゃなくって。

 

体験版ユーザーは、このように表示されるんですねー。

体験版の場合、周囲への発言も不可

徹底しております。

 

dq10-intr_sys4-650x366 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた
システム・4

 

定型文は使えます

 

「キーボードなし」の場合でも、コレで簡単な意思疎通は可能。

 

<サポート仲間>

 

dq10-intr_spnkm1-642x400 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた

 

他のプレイヤーがログアウト時に登録したデータに基づき、
酒場でコピーキャラを仲間に加えることができます

 

PSO2のパートナーシステムと似てますけど、
こちらはコピーの同行終了後、
活動内容に応じて<本人>の方に経験値が入ります

PSO2のは経験値は入らず、
得られるのは無料スクラッチを引くための「FUN」なので、
似て非なるシステムなんですねー。

 

サポート仲間を加えて・・・・・・

 

 

擬似的に、他のプレイヤーと一緒に遊んでいる感じに。

サポート仲間は、フレンド限定でさがすことも可能です。

 

戦闘システムは、シンボルエンカウント方式。

敵に接触すると戦闘シーンになりますねぇ。

 

フィールドをそのまま利用しているので、
付近を通るプレイヤーキャラやモンスターが見えます。

 

操作は、表示されるコマンドリストから行動を選ぶだけの、簡単なおしごと

すばやさが高いほど、コマンドを出す間隔が短くなります。

 

一応、「位置取り」の要素もあって。

距離をとってブレス攻撃の範囲外へ逃れたり、
敵と味方の間に割って入って、敵の行動を妨害したり、できますね。

 

<マイコーデ>

 

最後に感激したのが、オシャレ関連のこと。

 

レベル1から装備可能な防具でも、
組み合わせ次第でちょっとオシャレに見えるものがあって・・・・・・。

さらに、<マイコーデ>という
見た目装備を登録する機能がすぐ使えるようになったり。

 

すばらすぃ

 

なんて思いつつ、
最初のオーガの集落で、コーデを考えてましたヨ。

その時点ではまだ、装備品のプレビューができなかったので、
お店で売られている防具を全部買ったりして(笑。

 

プレイを進めて、わかったことは、

 

dq10-intr_mycd1-646x400 - <DQ10>体験版(PS4)をプレイしてみた

 

マイコーデに登録した見た目装備は、
現在の職で装備不可能なものも、着用できること。

 

たとえば、上の画像。

魔法使いは<皮のよろい>を装備できないのですが、
旅芸人の時に登録したマイコーデを適用すると、
「皮のよろいを着た魔法使い」に。

この自由さは、気に入りました。

 

ちなみに、武器はマイコーデに含まれません。

 

<とりあえず続けてみる>

 

どれくらいソロプレイで楽しめるのかは、
やっぱ興味がありますのでー。

 

今のところ、
PSO2に似たゲーム性に思えるんですけどね・・・・・・。

どこがって、

ソロでしっかり楽しめて、
ソロプレイメインでも他者とのゆるい交流は楽しめて、
もちろん、パーティ組んでも楽しめるよってところが。

 

マァ、もちょいプレイしてみるですが。

 

夜間に、
寝ているモンスターを攻撃するの楽しいし(鬼

執筆者

主に家庭用ゲーム機で楽しんでいるゲーム好き。 オンラインタイトルは、PSO2とバトオペ2をプレイ。オフゲーする事もアリ。 オンゲではマイキャラになりきって楽しむことを好む。 PSO2での衝撃的な出会いにより、男の娘(2次元限定)に魅力を感じるようになってしまう。

コメントを残す

テキストのコピーはできません。